ドンキの焼き芋が美味しすぎる?!甘すぎて加糖疑惑も…?

ドンキ・ホーテ、通称ドンキで焼き芋が販売されているのは知っていますか?

夏場は見向きもしないのですが、秋が近づき少し肌寒くなる頃、あのレジ前で販売されているドンキの焼き芋が妙に気になりますよね。

きちんとした石焼き芋用の石で、じっくりと焼かれているドンキの焼き芋は、レジで並んでいる間に買ってみようかな…とそそられます。

先日、私がレジに並んでいる時にも若い人が、いつも焼き芋を買っているかのように、ドンキの店員さんに焼き芋を注文していました。

ネットで「ドンキ 焼き芋」と検索すると、甘すぎて怪しいとか加糖してるのでは?なんて噂も…?

ドンキ・ホーテはシンガポールでも出店していますが、そこでも大人気なんだとか。

もちろん焼き芋の本場、日本でもかなりの売れ行きなのですが、ドンキの店員さん自身もなぜここまで焼き芋が売れているのかは謎とのことです(笑)

店舗によっては、レジ前ではなくて違う場所に設置してあるようですが、私が思うにコンビニの肉まんのような感覚なのかと思います。

レジで並んでいる間に、買おうか迷ってしまうんですよね〜。最初は美味しいのか、売れているのか疑問に思ってる間に、前に並んでいる人が買ってるとつい…。

情報、百聞は一見に如かずということで、その若者に釣られて私もドンキの焼き芋を買ってみることしました!

ドンキの焼き芋で使用しているのは「紅はるか」

ドンキの焼き芋を早速食べて見たのですが、トロットロの真っ黄色の焼き芋でした!糖度がすごいのか、中を割って見ると、透き通ったような黄色をしていました。

焼き芋でこの色が出せるのは、間違いなく美味しい芋です!

焼き芋のイメージって、ご飯がわりやあくまでも「芋」って感じだったのですが、ドンキの焼き芋食べてから覆りました…。

これは完全に和スイーツです!!

甘くて、口の中でとろけます。もうね、歯がいらない(笑)

そんな感じで大当たりだったドン・キホーテの焼き芋なのですが、すでに買って食べたことがある人達からの報告によると割と焼き芋の質にはムラがあるようです。

当たりの場合は、私のように真っ黄色のトロトロ焼き芋がゲット出来るのですが、ドンキ・ホーテでは様々なさつまいもを使用していて、色んなところで仕入れているようなので店舗によっても、買うタイミングによっても当たり外れがすごくあるそうです(汗)

ドンキの焼き芋は、専用の雰囲気のある茶色の袋に入っていて、パッと見た目では中の焼き芋の具合がわかりません。

人前で一つずつ覗く勇気がある人は、美味しい焼き芋を見つけられる確率がアップするかもしれませんね。

ドンキの焼き芋をよく食べている人の話によると、

・少し焦げがついたぐらいしっかり焼けているのが良い
・大振りすぎると味も大味な場合があるので、程よい大きさがGOOD
・焼きたて時間というのが表示されている、または店員さんが「焼きたてでーす!」と声を上げているのでその時が焼き芋を買う絶好のチャンス
・焼き芋の芋の品種は様々使っているけど、「紅はるか」という品種がもっとも当たりが多く美味しいらしい!

と、ドンキの焼き芋の美味しい見分け方をレクチャーしてくれました。

さつまいもの品種の「紅はるか」と言えば、ねっとりした甘さが特徴で、焼き芋はもちろんですが、さつまいもを使ったスイーツにも合うほど、糖度が高い品種改良の新種のさつまいもなんだそうです。

ドンキの焼き芋の美味しい理由は、どうやら芋の品種がほぼ決め手のようですね!
ということは、紅はるかを使った焼き芋は間違いなく美味しいはずです。

熊本で有名なさつまいも「紅はるか」の特徴

糖度の高いさつまいも紅はるかは、熊本が有名らしく甘さを引き出すために品種改良されたさつまいもなんだそうです。

ということは、九州のドンキの焼き芋は他所の県と比べて紅はるかを使用している確率が高いのかも…?

この紅はるかですが、甘さが特徴的で糖度が高いものですと25度を超えています。もうフルーツ並の甘さですね!

ねっとり系さつまいもと呼ばれるように、濃厚な甘さが特徴のさつまいもです。

「九州121号」と「春こがね」を交配させて作られた新品種のさつまいもです。今まで甘さを誇っていた品種、安納芋を更に超える糖度なんだとか。
紅はるかという名前の由来も、「安納芋よりもはるかに甘いから」という意味を込めて付けられたのだそうです。

焼き芋にすれば、真っ黄色のトロトロ焼き芋が出来ることは間違いなし!お芋を真っ二つに割ると、果肉が蜜のようにとろけています。

紅はるかは焼き芋にスイーツにと万能なさつまいも!

紅はるかは糖度が高く、甘いのでスイーツ作りにも材料としてよく使用されています。焼き芋を始め、さつまいものプリンやスイートポテト、熊本の郷土銘菓である「いきなり団子」にも紅はるかを使われています。

とは言え、まず最初に紅はるかを味わうのならやはりシンプルに焼き芋か紅はるかをそのまま使用したデザートがおすすめのようですね!

砂糖が入っていなくても、こんなに甘いんだと感動するはずです。

甘くて食べ応えある紅はるかの焼き芋は、洋菓子などに比べて糖度が変わらないのにカロリーが低いので、ダイエット中のおやつとしても今大人気なんだそうです。

特に便秘に悩まされている人は、紅はるかに含まれている「ヤラピン」という成分が便秘解消にも効果てきめんなので、女性により人気だそうですよ。

美味しい紅はるかの見分け方

美味しい紅はるかの見分け方

美味しい紅はるかの見分け方をご紹介します!

まずは紅はるかの旬ですが、九州など暖かい地域では10月ごろから収穫期に入ります。
それから段々と本州の方が収穫期に入り、11月〜1月までが紅はるかの旬です。

紅はるかを生産している農家から仕入れれば、一定以上の糖度があるものだけを収穫し、収穫からもっとも糖度が高くなる2〜3週間後に出荷されるようになっています。

通販などで、紅はるかを購入しようと思うなら、きちんとしたお芋の農家が出荷しているショップが良いでしょう。
また、自社で紅はるかの栽培を行い、さつまいもを使ったスイーツを販売しているお店は信用度が高いと思います。

自社で栽培しているので、さつまいもの甘さや状態も熟知しているベテランさんがいること間違いありません。

当たり外れナシ!紅はるかを堪能できるさつまいも農家が作った絶品スイーツたち

ドンキの焼き芋は当たり外れがありますが、紅はるかの焼き芋が当たった時は値段倍払いましょうか?!って店員さんに言いたいほど美味しかったです(笑)

ドンキの焼き芋をきっかけに、すっかり紅はるかのファンになってしまった私ですが、どうやったら満足できる紅はるかを存分に味わえるのかを考えました。

そうなれば、紅はるかの名産地である熊本県で生産されたものをネットで購入できれば間違いないのでは?と思い、早速ショップを検索してみることに。

すると、楽天でも好評で熊本の郷土銘菓「いきなり団子」にも使用しているという、老舗のお芋スイーツのお店を見つけました。

芋屋長兵衛さんというショップなのですが、自社で「蔓」からさつまいもの販売をしているそうです!

紅はるかはもちろんですが、さつまいもの品種ごとの特徴を知り尽くしているさつまいも農家の老舗ですから、そのスイーツにあったさつまいもを使用しているんだとか。

さつまいも以外にも、いきなり団子や紅はるかをそのまま焼いて冷凍したおやつ芋などの商品展開をされているようです。
ここでしたら、紅はるかを堪能できることが出来そうです♩

糖度25度以上でないさつまいもは使用せずに、甘くて熟成されたさつまいもだけを使用しているという点も信用が置けます。

私のように、紅はるかが気になる人は、楽天などでも簡単に購入できるようなので、試してみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です